高崎市のピアノ教室なら-諏訪部音楽教室

高崎市のピアノ教室なら-諏訪部音楽教室

けがを乗り越えて~伴奏者の責任感

      2015/09/17

3歳からレッスンを続けているHちゃんも、早いものでもう中3になりました。いつも余裕しゃくしゃくなので、全然受験生には見えないのですが…。
そのHちゃん、既に引退しましたが、部活動ではバレーボールをしていました。夏休みに入る頃、合唱コンクールの伴奏譜を持ってレッスンに来ました。指使いも決めて、いざ練習という段階になって、何と部活動の練習で左手小指を数ヶ所骨折してしまいました。確かHちゃんの骨折は2度目、前回は小学校入学前だったと思います。遊びに行こうとするお兄ちゃんを追いかけて転び、ついた腕を骨折したことがあります。

今回伴奏する曲は『大地讃頌』なので、左手はほとんどオクターブ奏、つかみにくいのは右手の和音です。けがは不運でしたが、右手でなかったことは不幸中の幸いでした。右手だけは練習できますから…。

お盆休みを挟み、8月下旬のレッスン、指を見ると包帯がなくなっていました。そして先生からは左手でもピアノを弾いても良い、とお許しが出たそうです。さて休ませていた左手はハノンとインヴェンションでリハビリです。少しずつ、少しずつ…。でも聴いている私の方が怖くて「どう?大丈夫?痛くない?」の連発でした。Hちゃんはその都度「大丈夫。」と答えていましたが…。

そんな夏休みを乗り越えて、2学期を迎えました。Hちゃんは復活した左手で『大地讃頌』を弾いています。ペダルもつき、強弱やバランスの加減も調整しながら仕上げの段階に入っています。最後のトレモロは大変ですが、先週より今週、今週より来週、と前進してくれると信じています。

 

 

 - ピアノ・レッスン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

2019年 クリスマス会プログラム1

クリスマス会のプログラムです。 1番は3歳のR君。おねむの時間になってしまい、出 …

no image
上手になりたいという気持ち~ピアノ・レッスンでの取り組み

5月から他のお教室から移って来たHちゃん、小学2年生です。しっかりしたタッチで弾 …

no image
忍耐力~ピアノ・レッスンに必要な要素

Kちゃんは年長さんの終わり頃からレッスンを始め、この1月で2年ほどになりました。 …

no image
4歳でスタート~お祖母ちゃんと一緒にピアノのレッスン

6月はもう1人仲間が増えました。4歳のSちゃん、女の子です。 元々お祖母ちゃんが …

プログラム~第2部

第2部は親子連弾、兄弟連弾、従姉妹連弾、師弟連弾です。  

no image
音は伝える

小学一年生のKちゃん。今日の一曲目は『きこり』です。 早速弾き始めたものの、勢い …

リズムとソルフェージュ~ピアノ・レッスンの現場から

昨年12月からレッスンを始めたばかりのK君、数字にも興味のある利発な4歳児です。 …

no image
ひとつ乗り越えました~ピアノ・レッスンには山あり谷あり

今年3月から親子レッスンに通ってくれているSちゃん、順調に進んで来ていると思って …

タッチの大切さ~ピアノ・レッスン

Aちゃんのレッスンを知り合いの先生から引き継いで5ヶ月になりました。 表現に繋げ …

ピアノを始めたSちゃんから

今月からレッスンを始めた年長さんのSちゃん、車で40分かけて通ってくれています。 …