高崎市のピアノ教室なら-諏訪部音楽教室

高崎市のピアノ教室なら-諏訪部音楽教室

指の強化~ピアノ・レッスンでの試み

      2017/04/01

練習熱心なHちゃんのその後です。

レッスンではテクニックのためのフランス系テキスト、ソルフェージュを兼ねた連弾のテキスト、練習曲集、バロックの曲集、アレンジ作品を含む曲集の5冊を使っています。

努力した結果、得られる楽しみ

今回は連弾曲を私と二人で合わせました。16分音符ばかりの速い曲でしたが、強弱をつけて、安定して弾けました。更にテンポを上げて仕上げることに。お互い集中して弾き切った後は思わずにっこり。緊張感をもって弾く、というのは気持ちのよいものです。雑念を持たない時間は幸せな気持ちになるのだそうです。まさにその瞬間でした。Hちゃんが努力した結果、得られた楽しい瞬間です。

フォームを安定させることは難しい

練習曲は8分音符と三連符を合わせる曲です。早速両手にチャレンジ。じっくり確かめながら合わせることができました。右手三連符の拍頭がメロディーになっているので、そこをはっきり弾く必要があるのですが、指だけで弾くと硬い音になってしまいます。手首や肘、肩まで柔らかくしておかなければいけないのですが、掌のアーチが保てなくなってしまうとアウトなので、指をしっかりさせることを優先しました。ですが、やはり小指の関節がガクッとしてしまうこともあります。これは時間をかけて改善していくしかないですね。一朝一夕にできるようにはなりませんから、日常生活でもつかむ時の手の形を意識して、ボタンを押すときにも第1関節がへこまないよう気をつけるのも良いと思います。トレーニングボードを使ってみてもよいかも知れませんが、しばらく様子をみることにしました。安定したフォームは一朝一夕では身につかないですね。常に念頭に置いてチェックしなければ。

演奏者の個性と作曲家・編曲者の個性

曲集からの課題は、今回はアレンジ作品です。途中でメロディーが左手に移ります。そのバトンタッチが自然になりました。そして難しいのはメロディーと伴奏の音量バランスです。今回は右手の伴奏を柔らかく控えめに弾けるようになっていました。編曲した作曲家の個性が感じられる面白いアレンジでした。この曲集、なかなか面白いです。アレンジの面白さを味わながら、テクニックを養える。演奏者の個性も発揮できますね。

Hちゃんはピアノが大好きなのだそうです。お家での練習が上手く行かないと涙を落とすこともあるとか…。でも決して辞めたいとは言わないそうです。そんなHちゃんの気持ちに応えて、上達の手助けをしたいと思います。このご縁に感謝して、Hちゃんが花開く時を見届けたいと思います。

 - ピアノ・レッスン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

タッチの大切さ~ピアノ・レッスン

Aちゃんのレッスンを知り合いの先生から引き継いで5ヶ月になりました。 表現に繋げ …

反復練習の大切さ~ピアノ・レッスンで

年長さんのCくんは今年もクリスマス会に参加します。今回で2回目になります。 負け …

太鼓、ピアノ教室に到着です

昨日の事になりますが、太鼓が到着しました。 子どものおもちゃですが、なかなか良い …

no image
生きる力 ピアノ教室の役割として

指導法に定評のある先生方の著書を拝読すると、最近「生きる力」という言葉をよく目に …

高崎市立小・中学校 連合音楽祭~吉井小学校も参加

高崎市立小・中学校連合音楽祭当日になりました。お天気にも恵まれ、子ども達のハレの …

no image
音は伝える

小学一年生のKちゃん。今日の一曲目は『きこり』です。 早速弾き始めたものの、勢い …

no image
クリスマス会雑感~ピアノ・ソロ、連弾を含めて

クリスマス会では録画依頼したことがないので、楽しかったねで終わっていましたが、今 …

80年代ポップスの良さ~大人のピアノ・レッスン

ここ最近、昔のポップスの良さが見直されているようですね。いわゆる’8 …

前向きな姿勢~ピアノ・レッスンでの取り組み

この春年中さんに上がったKくんもピアノを始めて半年になりました。新しい課題にも「 …

no image
ひとつ乗り越えました~ピアノ・レッスンには山あり谷あり

今年3月から親子レッスンに通ってくれているSちゃん、順調に進んで来ていると思って …