高崎市のピアノ教室なら-諏訪部音楽教室

高崎市のピアノ教室なら-諏訪部音楽教室

前向きな姿勢~ピアノ・レッスンでの取り組み

   

この春年中さんに上がったKくんもピアノを始めて半年になりました。新しい課題にも「難しい…。」という顔を見せたことがありません。

一つの山を越えて

Kくんは今アップライト・ピアノで練習していますが、ご用意いただくまでの間はキーボードで練習していました。その時は一つ一つの音を指で繋げて弾くことが難しく、レッスンで出来ても宿題にするとまた戻ってしまうこともありました。お家のキーボードとレッスンで使うピアノとではタッチが随分違うようでした。今はもうピアノで練習しているので、鍵盤が戻ってくる感じにも慣れ、当時と同じ注意をすることはなくなりました。

指の体操もゲーム感覚で楽しく!

時間に余裕のある時には、指番号カードをくじ引きのようにして選び、指を動かす体操をします。子どもたちは皆この遊びが好きなのですが、数字に興味のあるKくんも最初からこの遊びが好きでした。迷わずにカードの通りに、最初はゆっくり、次は少し速く体操できたら合格です。Kくんはいつも笑顔で取り組んでいます。

クレヨンから鉛筆へ

読譜はクレヨンや色鉛筆を使ったぬりえからスタートしましたが、理解の早いKくんには少し易しかったようです。1冊をどんどん消化し、今では鉛筆を使って書くノートに進みました。先週は4分音符、2分音符を6Bの鉛筆で書きました。新しい練習が出て来る度に「面白い~😊」と前向きな感想を聞かせてくれるので、こちらも張り合いがあります。直ぐに全音符で楽譜を書くところまで到達できると思います。そうすれば自分で書いた楽譜を自分で弾く、という喜びも得られます。自分で書いた楽譜は特別なものですから…。

読譜力をつけて自立する

Kくんはピアノを弾くことが好きで、お家でも進んで練習しているそうです。色々なメロディーをピアノで弾いて、音にすることを楽しんでいるようです。それを可能にしている要因の一つは読譜力ではないかと思います。使っている音域はまだ1オクターブほどですが、Kくんは迷わずに読んで歌い、素直にピアノを弾こうとします。お母さんが手取り足取り教え込まなければいけない状況では、親子共々疲れてしまいます。音楽を一生楽しんでいけることを目標にするのであれば、お母さんが口出ししなくても良いよう、自立してレッスンに取り組むことは良いことです。

人格を尊重して

人はそれぞれ性格が異なり、それぞれに人格があります。それは子どもでも同じこと。Kくんの気持ちを大切にし、前向きな姿勢を活かしたレッスンをしていきたいと思います。

 - ピアノ・レッスン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

お便りを頂いて~ピアノ・レッスン卒業生から

6月までレッスンに見えていたHさんからのクリスマス・カードでした。引っ越しのため …

第2部 連弾やアンサンブル

第2部は連弾やアンサンブルになります。親子連弾、兄弟連弾、親子アンサンブルです。 …

no image
けがを乗り越えて~伴奏者の責任感

3歳からレッスンを続けているHちゃんも、早いものでもう中3になりました。いつも余 …

no image
レッスンは順調なようです。~手解きのレッスンから半年後

日曜日の午後の事、昨年11月からの4ヶ月間、お母様の出産に伴うお里帰りの間だけレ …

プログラム~第2部

第2部は親子連弾、兄弟連弾、従姉妹連弾、師弟連弾です。  

no image
久々の再会~レッスン経過

昨年末に訪ねてくれたR君、5月末でイギリスに旅立つことになりました。帰省の折りに …

音をつなげて~ピアノ・レッスンの基本

3月からレッスンを始めたSちゃんは、この4月から年長さんになりました。 聞き分け …

no image
生きる力 ピアノ教室の役割として

指導法に定評のある先生方の著書を拝読すると、最近「生きる力」という言葉をよく目に …

’17 クリスマス会 プログラム

今年のクリスマス会も明後日となりました。プログラムができましたので、お知らせいた …

80年代ポップスの良さ~大人のピアノ・レッスン

ここ最近、昔のポップスの良さが見直されているようですね。いわゆる’8 …