高崎市のピアノ教室なら-諏訪部音楽教室

高崎市のピアノ教室なら-諏訪部音楽教室

タッチの大切さ~ピアノ・レッスン

   

Aちゃんのレッスンを知り合いの先生から引き継いで5ヶ月になりました。

表現に繋げるために

これまでハノン等の指の練習はして来なかったと先生からは伺っていましたが、タッチが弱く、曲全体がぼやっとしてしまいます。勿論強弱だけが表現の要素ではありませんが、ダイナミクスの幅を広げることで、表現の幅も拡がります。以前に比べて随分鳴らせるようになりましたが、何とか1年ほどでタッチを改善して行きたいと思います。芯のある弱音で弾けるようになれば、Aちゃんも更にピアノの楽しみ方を拡げていけることでしょう。

作曲家の意図を伝えるために正確に弾く

作曲家は試行錯誤しながら一つ一つの作品を仕上げているのですから、音として再生する私達は正確に弾き、作曲家の意図を伝えた上で、自分の解釈や表現を加えるべきです。まず「正確に弾く」、これは絶対に譲れない条件です。基礎となるエチュードでも最初はゆっくりで良いから間違えずに弾くことが大切ですね。4小節、8小節に区切って繰り返し練習する等の工夫が必要です。レッスンでも実践してもらっています。

ペダルの踏み方

先週までショパンの短いワルツをレッスンしていたのですが、ペダルの踏み方で印象が随分変わりますよね。舞曲ですし、3拍目でふわっと浮き上がるように弾きたいところです。弱拍で踏み換えすることにとらわれているようなので、踏み換えのタイミングを変えるのはなかなか大変です。耳で確かめながら踏み換えするしかありません。音をつなげるためのペダル、アクセントをつけるためのペダル、音色を変化させるためのペダル、ペダルはそれを使うことで表現の幅を広げることができますが、まずい踏み方ではその曲を台無しにしてしまうこともある、諸刃の剣です。今のところAちゃんの好みを尊重してロマン派を選曲していますが、近現代の作品を取り入れたりして、ペダルも上手に使えるようになって欲しいと思っています。

時間をかけて

幸い今は時間に余裕があるようですから、レパートリーを増やすチャンス!彼女がこれまで培ったものを大切にしながらも、新しい局面にも向かえるよう、より良い方法を考えながら進めていきたいと思います。時間をかけて、共に歩んでいきます。

 - ピアノ・レッスン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
連弾の楽しみ~ピアノ・レッスンでの合わせ

この春、小学2年生になったN君。子ども達に人気の曲『とべ!うちゅうせん』を練習し …

第15回発表会、終了しました

8月27日㈯、みかぼみらい館・小ホールにて、第15回発表会を無事に終えました。午 …

no image
クリスマス会に向けて~ピアノの練習

双子のC君とT君、レッスンを始めてまだ10ヵ月ほどですが、クリスマス会にも参加し …

no image
合唱の伴奏 ピアノ教室で

今日は吉井中央中学に通うHちゃんがレッスンに来ました。 夏休み前に行われる予定だ …

no image
親子レッスン開始

先月体験レッスンに来てくれたEちゃん親子ですが、2日からレッスンを始めました。今 …

感想のお手紙~ピアノ発表会を終えて

3か月かけて準備してきた発表会を終えて1週間、終了後初めてのレッスンに見えたNさ …

no image
連弾曲の選曲~ピアノ発表会

発表会では毎回ソロ「と連弾で、一人2ステージと決めていますが、今年は連弾の選曲が …

no image
合唱コンクールの伴奏

吉井中央中学2年生のHちゃん、昨夜も伴奏曲を持ってレッスンに現れました。 強弱が …

夏のおさらい会3

小学6年生から大人までのプログラムです。

no image
子どもらしい感性その2~ピアノレッスンで

子どもらしい感性と言えば、即興演奏です。 T君は『キョウリュージャー』や『仮面ラ …