高崎市のピアノ教室なら-諏訪部音楽教室

高崎市のピアノ教室なら-諏訪部音楽教室

幼児の生活リズムとレッスン~ピアノ・レッスン

      2017/04/01

昨年からレッスンを始めたSちゃん、お母様が産休明けで仕事復帰されました。ピアノのレッスンは保育園から直通で始めます。

幼児の生活リズムとレッスン

先週は保育園のお帰りが通常より少し早かったそうです。休憩できて良かったと考えるのは大人。Sちゃんはリラックスしたため、睡魔に襲われてしまいました。結局寝入り端を起こされて、泣きながらレッスン室に入って来ました。幼い子どもの生活リズムに合わせることの難しさを感じます。

時には無視して

慰めると尚更涙を誘うので、そういう時、私は無視することにしています。今回も泣いていることに気づかないふりして、いつも通りにレッスンを進めました。

Sちゃんは大粒の涙を流しながらも、音符の塗り絵をこなし、出来上がったものをピアノで弾いたり、頑張っていました。

トンプソンは手の交換が今一つスムーズに行かないので宿題になりましたが、リズムやふよみのソルフェージュにも言われた通りに取り組めました。

もし私が慰めていたり、話を聞いたりしていたら、きっとSちゃんの気持ちをレッスンに向けることは出来なかったかも知れません。子どもの気持ちを汲んだうえで、敢えてそれを無視することも、レッスンをスムーズに進めるための一つの手法かと思います。

ご家族の理解に支えられて

こんな状態できちんと課題をこなせるとは凄いです。レッスンが嫌で泣いている訳ではないから出来るのだと思います。お家での練習について伺うと、お母様とだと集中できないので、お祖母様とするのだそうです。ご家族でSちゃんのレッスンを応援してくださっているのですね。有り難いことです。音楽を楽しむ気持ちを大切に、このまま伸びて欲しいと思っています。

今年のクリスマス会ではいよいよ親子連弾にも挑戦してもらえるでしょうか。楽しみです。

 - ピアノ・レッスン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
生きる力 ピアノ教室の役割として

指導法に定評のある先生方の著書を拝読すると、最近「生きる力」という言葉をよく目に …

no image
ひげじいさん

3歳のSちゃん、毎回元気でレッスンに来てくれています。お転婆で男の子みたいなんで …

no image
けがを乗り越えて~伴奏者の責任感

3歳からレッスンを続けているHちゃんも、早いものでもう中3になりました。いつも余 …

ピアノを始めたSちゃんから

今月からレッスンを始めた年長さんのSちゃん、車で40分かけて通ってくれています。 …

no image
クリスマス会雑感~ピアノ・ソロ、連弾を含めて

クリスマス会では録画依頼したことがないので、楽しかったねで終わっていましたが、今 …

no image
親子レッスン

昨年12月に体験レッスンしたKちゃん、年長さんのおしゃまな女の子です。親子レッス …

no image
くやし涙~ピアノの練習

6月からレッスンを始めたHちゃんは穏やかな性格の女の子です。笑うときにもうふふと …

第1部 ソロ演奏

第1部はソロの演奏です。基本的に内容はクラシックとしています。

no image
ピアノの約束

8日はR君の年明け最初のレッスンでした。この日のために楽譜を探して練習して置いた …

冷静に考えて~ピアノ・レッスンでの取り組み

年長さんのCくんはなかなかの頑張りやさん。弾けない曲は弾けるようになるまで練習す …