高崎市のピアノ教室なら-諏訪部音楽教室

高崎市のピアノ教室なら-諏訪部音楽教室

反復練習の大切さ~ピアノ・レッスンで

      2017/10/31

年長さんのCくんは今年もクリスマス会に参加します。今回で2回目になります。

負けん気の強さを活かして

前回のレッスンでソロと連弾の曲を渡し、練習を始めました。ソロは中間部が難しいので、Cくんの様子によっては、アレンジしてしまおうと考えていました。ですが予想に反して、1週間でCくんは両手で弾けるように練習して来ました。弾けないことが悔しくて、泣きながらもう1回もう1回、と練習していたそうです。レッスンではそんな素振りは露ほども見せず、簡単に弾けちゃったよ~、軽くクリア~という表情です。いいカッコしいですね😑お兄ちゃんのプライドもあるのかもしれません。「凄いね~。」と褒めてから、弾き方を修正していきます。

反復練習の大切さ

お母様にお家での様子を伺うと、弾けないところがあると、自ら何回も繰り返して練習しているそうです。何の分野においても、上達するには反復練習が欠かせません。ピアノしかり、スポーツしかり。基礎学力を身につけるにも反復練習を苦痛に感じないよう仕向けて習慣とすることが大切だと思います。その点Cくんは◯文で鍛えられているようです。ピアノのレッスンでもCくんの性格を活かして、上手に伸ばしてあげたいと思います。

練習環境について

住環境の事情から、今は電子ピアノで練習しているCくんですが、彼の取り組み方を知ったお祖父様とお祖母様が、ピアノをご用意してくださることになりました。来年の夏には新居が完成するそうですから、あと半年余りは電子ピアノでの練習になりますが、フォームも改善し、迎えたピアノを綺麗に鳴らせるよう導いていきたいです。

黒鍵の特性を使って

頑張り屋のCくんですが、やはりまだまだ指は弱く、手首の力を使って打鍵してしまうため手首が下がってしまいます。これでは指の動きを妨げてしまいますので、曲を楽しみながら何とか改善していきたいと考えています。メイン・テキスト以外から『ピンクのパゴダ』を用意しました。Cくんが興味を示しているダンパー・ペダルを踏み続ける曲で、両手を交差させて黒鍵だけを弾いていきます。弾くのは簡単ですが、その分指の形に注意を向けることができます。優しいタッチで弾くと、綺麗な響きに包まれ、気持ちも落ち着きます。私がこの曲を弾かせる一番の目的はフォームの改善ですが、ピアノの響きの美しさも感じとって貰えればと思います。

まだまだ伸び盛りのCくん、これから紆余曲折あると思いますが、上手に伸ばしてあげたいものです。ご家族の皆様の温かい見守りが一番のサポートになると思います。一緒に伸ばしていく、という覚悟で取り組みます。

 - ピアノ・レッスン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

第16回発表会

先だってお知らせした通り、8月25日(土)に発表会を開催致します。 プログラムが …

読譜力がついてきて~ピアノ・レッスンの現場から

小学2年生のHちゃん、車で20分ほどかけて通ってきてくれています。彼女にとってう …

no image
生きる力 ピアノ教室の役割として

指導法に定評のある先生方の著書を拝読すると、最近「生きる力」という言葉をよく目に …

1-2フィニッシュ!~本質に迫る

双子のTくん、Cくんはチャレンジャー。ピアノだけではなく、様々なことに真剣に取り …

ピアノを始めたSちゃんから

今月からレッスンを始めた年長さんのSちゃん、車で40分かけて通ってくれています。 …

no image
けがを乗り越えて~伴奏者の責任感

3歳からレッスンを続けているHちゃんも、早いものでもう中3になりました。いつも余 …

親子でピアノ・レッスン

年長さんのYちゃんは6月からレッスンを始めました。お母様は我が教室の卒業生。親子 …

夏のおさらい会3

小学6年生から大人までのプログラムです。

両手奏の難しさ~6歳のピアノ・レッスン

A市からレッスンに通ってくれているSちゃん、この春、小学生に入学しました。学区内 …

発表会 終わりました

6月から準備してきた発表会、昨日無事に終了しました。 今回は今年レッスンを始めた …