高崎市のピアノ教室なら-諏訪部音楽教室

高崎市のピアノ教室なら-諏訪部音楽教室

忍耐力~ピアノ・レッスンに必要な要素

   

Kちゃんは年長さんの終わり頃からレッスンを始め、この1月で2年ほどになりました。

練習はそれなりに出来ていましたが、泣き虫さんが玉に傷でした。でもレッスンでは思い通りに行かないことも多々あります。我慢強く譜読みしなければいけないし、時には部分練習も必要になります。
この部分がネックとなって、上手く行かないこともあり、精神的な成長を待って長い目で見て行くつもりでした。

今週のレッスンでも1小節両手では弾きにくい箇所が出て来ました。さあ、困ったなぁ、またご機嫌斜めになるかなぁ、と私は様子を見ていました。そこだけ片手ずつ繰り返し練習させ、さてもう一度両手で弾かせてみた所、無事に成功。「上手に弾けたじゃない!」と誉めました。Kちゃんもその気になり、前の小節から続けて弾かせても嫌がることなくレッスンできました。これを続け、4小節止まらずに弾けるようになり、Kちゃんのこの部分に対する苦手はなくなったようです。
「お家でもこういう風に復習してね。」とアドバイスしてこの曲はまた宿題にしました。

ソルフェージュでは、今回両手のリズムもありましたが、こちらも上手になりました。きちんと拍子を数えながら両手でピアノを弾くようにリズム打ちできるようになりました。

精神的に幼いと思っていたKちゃんですが、随分成長しています。やはり『待つ』という姿勢は大切なのですね。成長しない子どもはいないのですから。ピアノ・レッスンでは忍耐力が必要とされますが、ピアノ・レッスンを続けることがその忍耐力を養う手助けをしていると思います。これはKちゃんの生き抜く力になるでしょう。

これからも見守りながら導いていきたいと思います。一緒に歩んで行きましょう!

 - ピアノ・レッスン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

クリスマス会~ピアノおさらい会として

21日のクリスマス会、無事に終了しました。いつものように調律の時間を利用してツリ …

リズムとソルフェージュ~ピアノ・レッスンの現場から

昨年12月からレッスンを始めたばかりのK君、数字にも興味のある利発な4歳児です。 …

no image
一つの山を乗り越えて~ピアノ・レッスンでの出来事

小学2年生のSちゃんは頑張り屋さんです。テキスト中の曲も次はこれを弾いてみたい、 …

両手奏の難しさ~6歳のピアノ・レッスン

A市からレッスンに通ってくれているSちゃん、この春、小学生に入学しました。学区内 …

第1部 ソロ演奏

第1部はソロの演奏です。基本的に内容はクラシックとしています。

no image
ピアノ・レッスンの二代目として

先月からレッスンに通い始めたSちゃん。お母さん、Sちゃん、と二代目になります。テ …

no image
一緒に上達して~親子でピアノ・レッスン

車で20分ほど掛けて通ってくれているSちゃんは小学1年生です。4月からレッスンを …

no image
予選通過~エリーゼ音楽祭

先日のEさんに続き、Oさんからもエリーゼ音楽祭の予選を通過したと御報告頂きました …

’17 クリスマス会 プログラム

今年のクリスマス会も明後日となりました。プログラムができましたので、お知らせいた …

指の強化~ピアノ・レッスンでの試み

練習熱心なHちゃんのその後です。 レッスンではテクニックのためのフランス系テキス …