高崎市のピアノ教室なら-諏訪部音楽教室

高崎市のピアノ教室なら-諏訪部音楽教室

右手から左手へ~ピアノ・レッスンで弾く音域が拡がりました

   

4月からレッスンを始めたCちゃんはまだ4歳4ヶ月です。ト音記号中央ド~ソを覚えて、色塗りし、音符を書くことで、すらすら読めるようになりました。テキストの楽譜を読み、歌いながらピアノを右手で弾くのですが、一定のテンポを保って弾けるようにもなりました。

いつもはお母さんとレッスンに来るのですが、今日は特別にお父さんの付き添いでした。「パパはそこに座っててね。」と言って、バッグから楽譜を出し、どんどん自分で準備していましたよ。パパに良いところを見せたいのでしょうね。
『おえかきワークブック3』も今回の宿題で終わりになるので、『バーナム・ミニブック』と『ともだちのーと』を始めることにしました。
Cちゃんは初めてのヘ音記号に興味津々。今後使って行く音域のカードを渡し、とりあえず今日はヘ音記号の中央ドを覚えて弾いてみました。バーナム、グループ1の2番に早速左手が出て来ます。左右の手の交換が上手く行くかどうか見守っていましたが、ポジションを教えてあげると直ぐに弾けて、こちらも嬉しくなりました。
そしてこれまでの懸案事項だったレガート。これまでポツポツと切れてしまっていましたが、今日はピアノの中でハンマーとダンパーが動くのをよく観察しながら弾いて貰いました。ダンパーが降りてしまうと音は切れるので、鍵盤を押さえたままで次の鍵盤を押さなければ音は切れ切れになってしまいます。Cちゃんがピアノの中身に興味を持っている様子なので、動きを見ながら弾けばよくわかって貰えるかも知れないと思い、試してみました。最初は切れてしまいましたが、よ~く見て、と言葉をかけながら弾いて貰ったら、繋がりました!Cちゃんと喜び合ってから、数回繰返し練習しましたが、来週までこの感覚を忘れないでいてくれるかなぁ。定着するまではしばらく続けていかなければ。

レッスンを続けて行く内には、また新たな課題が出て来るはずですが、よく観察して適切なアドヴァイスができるよう心掛けたいと思います。

今日はクリアする糸口が見つかって、嬉しい報告ができました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

第15回発表会プログラム

今月27日(土)に第15回発表会を開きます。 やっとプログラムができました。

no image
5歳児のソルフェージュ~ピアノ・レッスンの一環として

5歳児のSちゃんはご近所からレッスンに通って来てくれています。元々はお祖母ちゃん …

卒業生~レッスンはしばらくお休み

今日の午前中、大学進学に伴い卒業したKちゃんからメールが届きました。どうしている …

お姉ちゃんを追って~ピアノレッスン・スタート

年長さんのSくんは小4Mちゃんの弟くんです。レッスンを始めたい、と自ら言ってくれ …

1-2フィニッシュ!~本質に迫る

双子のTくん、Cくんはチャレンジャー。ピアノだけではなく、様々なことに真剣に取り …

no image
意思の力~小さな人のピアノ・レッスン

年中さんのSちゃん、昨年末のクリスマス会にも参加してくれました。人前で弾いた経験 …

元気の素

久し振りの完全フリーだった10月12日、ふなっしーカフェへ行って来ました! 整理 …

レッスン室の前に咲きました

レッスン室の玄関外で育てている薔薇、今年も咲きました。品種名は『ピース』です。桃 …

no image
音は伝える

小学一年生のKちゃん。今日の一曲目は『きこり』です。 早速弾き始めたものの、勢い …

時間について~レッスン室のサンスベリアから思うこと

レッスン室の窓際に置いてあるサンスベリア、空気清浄効果があるとのことですが、どう …